ホルモン補充療法(HRT)とは?

更年期による症状が辛く病院を受診した場合、更年期外来で一般的になされる治療が「ホルモン補充療法(HRT)」です。
この「ホルモン補充療法」とは、どのようなものなのでしょうか?

 

ホルモン補充療法(HRT)

 

◎ホルモン補充療法とは
ホルモン補充療法とは、文字通り、女性ホルモンを補充することにより、更年期の症状を和らげようとするものです。

 

なぜ女性ホルモンを補充するのかといえば、更年期の女性は、卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少していきますが、それが閉経によって卵巣が機能を失うことから急激に減ってしまうからです(>_<)

 

女性ホルモンの減少による影響

女性ホルモンが減ってしまうとなぜいけないのでしょうか?

 

それは、エストロゲンの効果にあります。
エストロゲンは、女性に美肌と女性らしいボディラインをもたらすだけではなく、精神状態や自律神経を安定させたり、動脈硬化を防いだり、骨粗しょう症を防いだり・・・と心身ともに重要な効果をもたらしてくれるホルモンです。

 

しかし、このエストロゲンが減少することで、自律神経が乱れたり、動脈硬化の可能性が高まったり、骨粗しょう症の心配ができたり・・・とさまざまな悪影響が生じてきます(>_<)

 

 

また、もう一つの代表的な女性ホルモンであるプロゲステロンが減少することによっても、同様の体調不良が生じます。
疲労感や体のだるさ、睡眠障害、頭痛、ほてりなど、こちらもさまざまです(>_<)

 

ホルモン補充療法(HRT)

 

特に自律神経の乱れは深刻な場合が多く、めまいや動悸、吐き気、頭痛など普通に日常生活を送れなかったりする場合が出てきてしまいます。
そこで、それらの症状を和らげるために、女性ホルモンを補充するわけですね。

 

ホルモン補充療法のやり方

ホルモン補充方法は、経口剤(口から摂取する飲み薬)と経皮剤(皮膚に塗る外用薬)の2種類で行なわれます。
そして、補充するホルモン剤は、3種類。

  • エストロゲン単剤
  • プロゲステロン単剤
  • エストロゲンとプロゲステロンの複合材

 

この何れが投与されるかについては、事前に行なう検査によってホルモンの分泌状況を確認し、その結果に基づいてホルモン剤が選定され投与されるそうです。

 

 

補充方法については、経口剤も経皮剤も一長一短があり、経口剤の場合は、薬が胃から肝臓を通って血液中に取り込まれるため、胃や肝臓に負担がかかる場合があります。

 

 

一方、経皮剤の場合は、塗ったり貼ったりすることで、皮膚から直接血液に入るため、胃に負担がかかることはありません。
しかし、皮膚の弱い人は肌が荒れたりかぶれたりすることがあるため、あまり使えないということになります。
そういう方は、文句なく経口剤を選ぶことになりますね(^^;)

ホルモン補充療法の副作用と注意点とは?

ホルモン補充療法の副作用

ホルモン剤を摂取すると、即効性が高く症状が劇的に改善される分、副作用が伴う場合がありますので、注意が必要です。

 

主な副作用の症状といえば、乳房のハリや痛み、不正出血、おりもの、下腹部のハリ、吐き気など。
これらは、いずれもホルモン療法を始めて1〜2カ月もすれば治まるといわれていますので、それほど心配はしなくて良さそうです。

 

ただ、この副作用にも個人差はあるので、「おかしいな」と思ったら、すぐ病院へ行かれるようにしてくださいね。

 

josei

 

しかし、より深刻な副作用としては、主にエストロゲンの不足を補うホルモン剤の投与を行なうため、エストロゲンが原因と考えられている乳がんや子宮癌といった婦人系癌のリスクが高まってしまう点があります。

 

これゆえにホルモン剤の投与を渋る人が多いのは事実ですね(^^;)

 

ホルモン補充療法を受けられない人とは?

また、ホルモン補充療法は受けられない人が存在することも事実です。

 

  • 乳がん、子宮ガンにかかり治療経験のある人
  • 血栓症、塞栓症の治療中または治療経験のある人
  • 高血圧の人
  • 糖尿病の人
  • 肥満の人(程度による)

※上記の中にはホルモン補充療法を受けても良いケースもありますので、詳しくは医師にご相談くださいね。

 

 

このように、ホルモン補充療法は即効性のある治療方法ではありますが、デメリットもかなりあるため、この治療法に消極的な女性もかなりいらっしゃいます。

 

そういった方には、漢方薬での治療更年期対策サプリでの緩やかな治療方法をおすすめしたいと思います(#^.^#)

関連ページ

更年期治療 漢方薬
更年期治療においても、西洋医学とは別の視点から行う漢方薬治療がありますので、具体的に使う薬などをご紹介します。
プラセンタ 更年期治療
女性ホルモンの調整機能を持つプラセンタは、国の認可のもと更年期障害の治療製剤として用いられています。
更年期 薬
更年期の症状を改善する薬にはどのようなものが使われるのか?治療法ごとに使用される薬についてご紹介します。
更年期治療 保険適用
更年期に表れてくる様々な症状を改善するために病院で受ける治療には、保険が適用されるものと適用外の自由診療のものとがあります。
更年期 命の母
更年期には「命の母」が効く・・・と子供の頃から耳にしていましたが、この更年期の定番薬は効くのでしょうか?口コミ情報をチェックしてみました!