更年期障害症状 吐き気

40代、50代という年齢には、急に体調不良が起こることも珍しくありません。
中には、急に吐き気がしたり、お腹は空いているのに食欲がない・・・といった感じになることもあるんですよね。。。

 

食欲不振はまだしも、吐き気は辛いですよね(>_<)

 

更年期障害症状 吐き気

 

このような吐き気や食欲不振は、やはり更年期障害の症状の一つと考えられています(>_<)

 

では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

更年期に起こる吐き気の原因

女性は妊娠初期にもつわりという吐き気をもよおしますよね。

 

このときは、妊娠によって体内にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という、非妊時や男性には分泌されないホルモンが急激に分泌されることによって、ホルモンバランスが乱れ、それに伴って自律神経が乱れることが原因・・・と考えられています。

 

 

そして、更年期における吐き気も、やはりホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れが原因のようですね。

 

更年期障害症状 吐き気

 

自律神経の乱れとは、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行なわれないことを意味します。
この場合、副交感神経が優位のときに動き始める胃や腸がうまく機能せず、それが吐き気となって表れるようです。

 

更年期の場合は、妊娠時期のように一定の期間だけ・・・という終わりが見えませんし、いつ吐き気が来るのか予測がつかないだけに、かなり厄介なものなんですね。。。

 

更年期の吐き気への対策

では、そのような更年期の吐き気について、どのような対策をとればいいのでしょうか?

 

食欲不振程度の表れ方の場合、ウォーキングや軽いジョギングなど適度な運動を生活に取り入れることによって解決する場合がほとんどだそうです。

 

 

しかし、吐き気の場合、やはり自律神経を整える必要があるようですね。
それには、病院での治療も方法の一つですし、更年期対策用のサプリメントを飲むことも有効な対策となります。

 

 

その場合のサプリメントとは、プラセンタのような美容重視のものではなく、エストロゲン様の働きをしてくれる大豆イソフラボンメインの基本のサプリや、デセン酸が自律神経の調整に作用してくれるローヤルゼリーがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

基本的な考え方として、更年期の場合は、ゆったりと構え、食べたくない時には無理に食べない、食べやすい物を食べる・・・といった柔軟な考え方でいた方が気持ちが楽です(#^.^#)

 

サプリメントを摂取しながら気長に症状が治まるのを待ちましょう。

 

 

但し、吐き気も程度がひどく、何度も何度も吐いてしまうようでは、更年期障害ではなく別の病気が疑われます(゚д゚)!
その場合は、速やかに病院を受診し、更年期の症状なのかどうかを確認してくださいね。

 

 

関連ページ

更年期症状 いつまで
更年期の辛い症状は一体いつまで続くものなのでしょうか?その期間についてまとめてみました。
更年期症状 のぼせ
更年期の女性が悩む代表的症状のホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)について、その原因と対策を詳しくご紹介します。
更年期症状 胸の痛み
胸の痛みには、心臓にかかわる病の場合と女性ホルモンの影響による痛みの場合があるようです。
更年期障害症状 頭痛
更年期の時期に起こる頭痛は、何が原因なのでしょうか?その対策も含めて調べてみました!
更年期障害症状 高血圧
更年期障害ん症状の一つである高血圧について、その原因と対策を詳しくまとめています。
更年期障害症状 関節痛
更年期にみられる関節痛について、間違いやすいリウマチと比較しながら原因と対策を考えてみましょう。
更年期障害症状 腹痛
更年期にみられる腹痛について、その原因と注意点をまとめています。
更年期症状 眠気
更年期には、夜に深い睡眠がとれない睡眠障害や、逆に寝ても寝ても眠くて仕方がない・・・といった常に眠気を感じる症状が表れることがあります。
更年期症状 かゆみ
更年期の頃に起こる陰部のかゆみについて、その原因と対策をご紹介します。
更年期症状 物忘れ
更年期にみられる症状の一つに「物忘れ」がありますが、これを放置していると認知症のリスクが高まるといわれています。
更年期症状 うつ
更年期には自律神経が乱れがちになるのに加え、家庭環境・社会環境のストレスも重なり、精神的に不安定になったりうつ病を発症することがあります。