更年期障害 認知症

人は歳をとってくると物忘れが目立つようになりますよね(>_<)
「アレどうだったっけ?」「この人の名前は何だったっけ?」「私、何をしなければいけなかったんだっけ?」・・・いろいろですww

 

これらはちょっとひどい場合は更年期障害の一つにあげられることもあります。

 

更年期障害 認知症

 

でも、ここで気になるのが認知症です。
認知症の代表的な症状も「物忘れ」ですもんね。

 

若年性アルツハイマーなんていうのもありますし、更年期の物忘れと認知症は何か関係があるのでしょうか?

 

更年期の「物忘れ」と認知症の「物忘れ」の違い

実は、同じ「物忘れ」でも、更年期のものと認知症のものでは種類とレベルが違うといわれています。

 

 

例えば、お買い物に行った場合、「何を買う予定だったっけ?」と買うべきものを忘れてしまうのは、単なる物忘れといわれています。
しかし、買い物に車で来たのに、それを忘れて歩いて帰ってしまったり、バスで帰ってしまったりするのは、認知症による物忘れに入るのだそうです。

 

 

また、「この人の名前なんだったっけ?」という忘れ方は普通の物忘れなのですが、認知症の場合は、その人の存在自体を忘れてしまっていたりします(>_<)

 

 

その他、認知症の場合は、忘れていることすら思い出せないほどきれいに忘れてしまっている・・・とも指摘されていますね。

 

実際、私の義母が典型的なアルツハイマー型の認知症だったのですが、本当にさっき言ったこととか、昨日したこととか、短期記憶からすっかり失われていっていました。

 

 

このように、更年期によく起こる単なる「物忘れ」と認知症のそれは、決定的な違いがあるようです。
ただし、これから順を追ってご説明するように、まったく無関係というわけではないので注意が必要です。

 

更年期にみられる「物忘れ」の原因

更年期障害 認知症

では、どうして更年期の頃に物忘れが多くなるのでしょうか?

 

それは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少と大きく関係しているといわれています。

 

 

そもそも更年期は卵巣機能が低下することによって、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少することから様々な体調不良が生じることがわかっています。

 

しかし、エストロゲンはそれだけではなく、脳の伝達物質の分泌を活発にする働きもあることから、エストロゲンが減少することにより、記憶力をはじめとする脳の機能が衰えると考えられているのです。

 

そして、それが認知症の初期症状であるとする説もあります。

 

これは、認知症と女性ホルモン「エストロゲン」が関係があるとする考え方で、更年期の物忘れを「単なる物忘れだから」と放置していると、認知症が進行する・・・というものなのです。

 

その裏付けとされているのが、女性に圧倒的に認知症が多いという事実。
確かに、認知症を発症するのは、女性の方が男性の3倍も多いのです(゚д゚)!

 

これだけ多ければ、「平均寿命のせいだよ」とは言えませんよね(^^;)

女性の更年期からく「物忘れ」の予防対策

この考え方からすると、女性ホルモン「エストロゲン」を更年期以降もある程度のレベルに保つことによって、認知症をある程度予防(=遅らせることが)できると考えられます。

 

認知症は脳の萎縮が原因となるので、エストロゲンによって神経伝達物質を増やし、脳機能を活発化させることによってそれを予防するということですね(*^-^*)

 

 

そのためにも、女性ホルモンの減少がみられる更年期にこそ、女性ホルモンを補給できるよう考えてみて下さい(*^-^*)

 

ホルモン補充療法によるホルモン剤の投与

更年期障害として病院で治療を行なう場合、更年期外来では一般的にホルモン補充療法をすすめられます。

 

これは、ホルモン補充療法(HRT)で詳しくご紹介させて頂いていますが、エストロゲン単体やプロゲステロンとの併用剤など状況に合わせてホルモン剤を経口摂取したり、注射したりする治療方法です。

 

 

女性ホルモンの低下によって引き起こされるさまざまな不定愁訴に対して比較的即効性の高い治療方法なのですが、狭心症などの心血管系の発症リスクや乳がんの発症リスクが高まる可能性があるため、正直なところあまりおすすめしたい治療方法ではありません(>_<)

 

 

それならば、次にご紹介する、植物成分由来の女性ホルモン様の成分を摂取することで女性ホルモンの補給を行なう方法をおすすめしたいと思います。

 

 

サプリメントによる女性ホルモン様成分の補給

植物由来のもので女性ホルモン様の働きをする成分はいくつかありますが、その代表的なものが植物性エストロゲンと呼ばれる大豆イソフラボンです。

 

この大豆イソフラボンを補給することで、ホルモン剤のようなリスクを冒さずに女性ホルモンを増やすことができますね(^^)v

 

 

但し、それには普通の大豆イソフラボンでは不十分な場合があります。
なぜならば、イソフラボンにエストロゲン様の機能を期待するならば、特定の腸内細菌によって「エクオール」というスーパーイソフラボンに変換されなければならないからです。

 

 

しかし、その作用をもたらす腸内細菌を持っている女性は、日本人の場合2人に1人ということがわかっています。

 

 

ということは、2人に1人は、せっかくイソフラボンを摂取しても女性ホルモンの補給になならないということなんです(゚д゚)!
これではもったいないですよね(>_<)

 

 

なので、大豆イソフラボンを摂取する場合は、初めからエストロゲン様の作用が期待できる形の「アグリコン型イソフラボン」を摂取するようにしましょう。

 

そのアグリコン型イソフラボンが配合されているおすすめサプリが「からだ想い 基本のサプリ」です(*^-^*)

 

更年期障害 認知症

 

大豆の研究ならお任せのキッコーマンが開発した更年期対策用のサプリメントです♪

 

イソフラボンの他にも、ぶどう種子ポリフェノールやビタミンD,葉酸など女性にうれしい成分がふんだんに凝縮配合されているんですよ。

 

更年期障害 認知症

 

副作用の心配なく安全に摂取できるサプリメントですので、ぜひ認知症予防と更年期の不定愁訴改善のために活用なさってくださいね(*^-^*)

 

 

認知症予防サプリ


認知症は一旦発症してしまうと、改善はなかなか難しいといわれています。
それだけに、発症前に予防できることは全てしておきたいですよね( `ー´)ノ

 

 

女性の更年期における「物忘れ」から発展する認知症を予防するには、先にご紹介した女性ホルモンの補給が効果的と思われますが、男女を問わない一般的な認知症予防のためには、研究から明らかになっている認知症予防成分を摂取するのが一番効果的なのです。

 

 

その成分とは、次の3つが有効とされています。

  • プラズマローゲン・・・脳機能において情報伝達の最重要成分
  • オメガ3脂肪酸・・・動脈硬化を予防し脳血流量を増やす
  • フェルラ酸・・・アルツハイマー型認知症の原因と言われている「βアミロイドタンパク」の脳内蓄積を防ぐ
  • ジオスゲニン・・・破壊された情報伝達細胞を修復する成分

 

故に、これらの成分を含むサプリメントが認知症予防のためのサプリとなるわけですね。

 

それらをおすすめ度合いの高い順(配合成分の優先度とコスパから判定しています)からご紹介すると次のようになります♪
購入の際の参考にして頂けたらと思います。

 

 

更年期障害 認知症

プラズマローゲンEXの特徴

「高齢社会の光」として大注目の成分「プラズマローゲン」が高純度で配合されたサプリ
 
・世界初の6つの特許取得(さらに3つ特願中)
・加齢やストレスで日々失われていくプラズマローゲンを補給
・認知症の高齢者自身と介護する家族のためのサプリ

価格 毎月1本の定期購入 4,330円
評価 評価5
備考 定期購入の初回はプレゼントでさらにもう1本もらえます!
プラズマローゲンEXの総評

とても高額なプラズマローゲンを企業努力によりギリギリまでリーズナブルに下げて価格設定してくれている、コスパのよいサプリメントです♪

 
 

更年期障害 認知症

ジオフェルンZの特徴

モンドセレクションの金賞を2015、2016年の2年連続で受賞しているサプリ
 
・リピート率92.7%を誇る人気ぶり
・脳活性に重要なホルモン生成を促進し、破壊された細胞を修復する効果がある
・ジオスゲニンの配合量は業界トップクラス!

価格 定期購入 5,355円
評価 評価4.5
備考 お届けサイクルの変更・休止はいつでもOK!
ジオフェルンZの総評

脳細胞の修復作用のあるジオスゲニンのほかにも、レスベラトロールやイチョウ葉エキスなどのサポート成分がバランスよく配合されています♪

 
 

更年期障害 認知症

リファブレンの特徴

脳の活性化を図り物忘れを改善するサプリ

・ココナッツオイル、フェルラ酸、DHA(オメガ3脂肪酸)、ヒハツエキス、イチョウ葉エキスをバランスよく配合
・飲みやすいソフトカプセル仕様
・初回購入時のコスパはナンバー1

価格 敵購入で初回半額3,000円
評価 評価4
備考 2回目以降10%OFF 5,400円
リファブレンの総評

ポリフェノール成分で酸化を防ぎ、サラサラ成分で血流を良くし、考えるためのエネルギー源で脳を活性化します♪

 

 

この中で、認知症の予防・改善サプリとして特におすすめなのが「プラズマローゲンEX」

 

プラズマローゲンEX

 

このサプリの主成分であるプラズマローゲンは、「超高齢社会の光」とまで言われる大注目の成分なのです(*^^)v

 

 

プラズマローゲンの効果については、(株)東京科学技術研究所所長をはじめNPO法人日本バイオ技術教育学会専務理事など多くの肩書を持つ川村賢司先生も認めるところであり、高純度のプラズマローゲンが配合されている「プラズマローゲンEX」については、「医学業界に従事する私も今から飲んでおきたいサプリ」と高く評価していらっしゃいます。

 

 

早期対応が必要となる認知症において、その改善のカギとなる重要な成分と認められている・・・ということなのです。

 

プラズマローゲンEX

 

私も義母が認知症なのでよくわかるのですが、認知症を患ってしまうと、身体機能の回復を図るリハビリも思うような成果があげられないばかりか、対人間関係においても良好な関係が築けなかったり、様々な個所で弊害が出てきてしまいます。

 

「認知症さえなければね・・・」という言葉がどれほど出てきたかわからないくらいです。

 

 

だから、予防できるものならば必ず予防したい改善できるものなら少しでも改善したい、と思うのです。

 

 

家族がなっても自分がなっても家族を巻き込んだ問題を引き起こしてしまう認知症。
45歳を過ぎたらケアを始めても早すぎることはないかもしれません。

 

 

いま注目の高齢者ケアサプリ

プラズマローゲンEX

関連ページ

更年期障害 何科
更年期障害で受診する場合は何科に行けばいいの?表れてきた症状によって更年期障害とわからない場合は?といった疑問にお答えします。
若年性更年期障害
20代・30代で更年期障害と同じ症状が表れるという若年性更年期障害。その原因と対策についてまとめてみました。
更年期障害 サプリメント
更年期障害を自宅でケアする際に改善する方法として活用するサプリメントについてまとめています。
更年期障害 検査
更年期障害で病院を受診した場合、どのような検査を受けることになるのかについてまとめています。
更年期障害 ピクノジェノール
更年期障害の治療にはホルモン補充治療が一般的ですが、癌やアルツハイマーのリスクが心配されるため、ピクノジェノールが注目されています。
更年期障害 パニック症状
更年期にみられるパニック症状は更年期障害の一つなのでしょうか?それともパニック障害という別物なのでしょうか?
更年期障害 食事
更年期障害の症状を和らげる食事にはどのようなものがあるのでしょうか?食生活から辛い症状を改善していく方法についての情報です。
更年期障害 めまい
更年期に起こるめまいや立ちくらみは何が原因なのでしょうか>また、めまいや立ちくらみが生じた場合の対策はどうしたらいいのでしょうか?