更年期障害 検査

人は誰しも歳をとってくると、体のあちこちに不調を抱えるものですが、一般的に更年期と呼ばれる45〜55歳くらいの年代は、本当にいろいろな症状が起こってきます。

 

特に更年期の症状は多岐にわたっているため、どこかに不調を感じていても、「これってどうなのかしら?」「これは更年期の症状?」とモヤモヤしたままでよくわからない・・・で、結局、「とりあえず我慢しておこう」で終わる場合がよくあるんですよね。

 

更年期障害 検査

 

しかし、更年期の症状であるならば、それなりに楽になる対策はありますし、万が一更年期の症状ではなく違う病気が隠れていたとしたら、少しでも早く治療に入らなければ手遅れになってしまいます。

 

どちらにしても、症状が重篤な場合は早期に病院で診てもらった方がいいということに違いはないわけですね。

 

でも、「病院」というとなぜか構えちゃって苦手なんです・・・という方も多いですよね(^^;)
なので、ここでは、もしも更年期の症状で病院を受診した場合に、どのような検査が行われるのかについて、お伝えしていこうと思います。

 

何をするのか、その内容についての予備知識があれば、不安に思うことも少ないですよね(#^.^#)

 

 

問診&内診

どこの病院も、またどんな症状で受診したにせよ、まずは問診から始まります。
問診票を参考にしながら、医師がいろいろな質問をし、それに対して答えていくという形になります。

 

そして、必要があれば、膣とお腹の上から子宮や卵巣の状態を触診する、いわゆる内診が行われますね。

 

更年期障害 検査

 

超音波検査(エコー検査)

超音波を発信し、そこから返ってくるエコーを受信して画像化し、それをもとに診断する方法がとられます。
子宮や卵巣の状態を観察して異常がないかを確認する感じですね。

 

 

血液検査

起こっている症状が卵巣機能の低下による女性ホルモンの分泌量の減少が原因なのかを確認するために、血液検査を行なって女性ホルモンの血中濃度を調べます。

 

ホルモンの濃度を測定すれば、更年期に一致するかどうかがわかりますし、同時に、高脂血症や骨粗しょう症の可能性があるかどうかも調べてくれることがありますね。

 

更年期障害 検査

 

細胞検査

子宮がんの有無を調べる検査です。

 

郵送タイプの検査もあり経験したことのある女性は多いと思いますが、子宮頚部から細胞を採取する検査です。
組織の採取自体は数秒で終わり、特に痛みもありません。

 

 

乳房検査

乳がんの有無を調べる検査です。
触診のほか、病院によっては、マンモグラフィーや超音波検査などが行われることがあります。

 

 

骨量検査

骨密度を測り、骨粗しょう症の有無を調べます。
これまでカルシウムの吸収を助けていたエストロゲンが激減することで、骨密度が急激に低くなる場合もあるんですよ(>_<)

 

問診

 

こうした検査を行ない、その結果を踏まえて更年期の症状かどうかの診断がなされます。
そして、何らかの症状が診断された場合は、約1ヶ月おきに通院して経過観察をすることになります。

 

また、必要な場合は、ホルモン製剤などの薬が処方され、生活指導などが行われます。

 

これ以降の治療については、その人に表れている症状によりますので、一律のものは特にないようですね(#^.^#)

 

 

 

自宅で高精度ながんのスクリーニング検査。デメカル郵送検診

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら

 

 

関連ページ

更年期障害 何科
更年期障害で受診する場合は何科に行けばいいの?表れてきた症状によって更年期障害とわからない場合は?といった疑問にお答えします。
若年性更年期障害
20代・30代で更年期障害と同じ症状が表れるという若年性更年期障害。その原因と対策についてまとめてみました。
更年期障害 サプリメント
更年期障害を自宅でケアする際に改善する方法として活用するサプリメントについてまとめています。
更年期障害 ピクノジェノール
更年期障害の治療にはホルモン補充治療が一般的ですが、癌やアルツハイマーのリスクが心配されるため、ピクノジェノールが注目されています。
更年期障害 パニック症状
更年期にみられるパニック症状は更年期障害の一つなのでしょうか?それともパニック障害という別物なのでしょうか?
更年期障害 食事
更年期障害の症状を和らげる食事にはどのようなものがあるのでしょうか?食生活から辛い症状を改善していく方法についての情報です。
更年期障害 認知症
更年期障害の物忘れと認知症の初期症状なのでしょうか?更年期と認知症の関係についてまとめてみました。
更年期障害 めまい
更年期に起こるめまいや立ちくらみは何が原因なのでしょうか>また、めまいや立ちくらみが生じた場合の対策はどうしたらいいのでしょうか?