更年期 まぶたの痙攣|40代以上によく起こるまぶたのピクピクは眼瞼痙攣!?

女性は、更年期といわれる閉経時期を挟む前後10年間(一般的には45〜55歳頃)には女性ホルモンのバランスが崩れることから実に様々な体調不良が起こりがちですが、その一つにまぶたの痙攣があります。

 

わかりやすくいえば、まぶたの上や下がピクピクと小刻みに動くという症状。

 

もちろん、若い頃にも眼精疲労がたまったときには起こり得るものなのですが、40代を過ぎるとその頻度が急増し、

 

  • 外見が気になって人前に出にくい
  • 歩くと物にぶつかってしまう(若しくは、怖くて歩けない)
  • 包丁をもつ手元が見えない

など、酷い人になると日常生活にも支障が出てしまうほどなのです(>_<)

 

女性

 

こういったまぶたのピクピクも更年期の症状なのでしょうか?

 

まぶたのピクピクは放っておいてはいけません!

医学的にみると、一般的にまぶたのピクピクとした痙攣は、眼輪筋(目の輪っか状の筋肉)の攣縮が不随意に起こることにより、上まぶたや下まぶたがさざ波状に動く「眼瞼ミオキミア」というものだそうです。

 

これは、主に目の疲れや寝不足、ドライアイなどで起こるため、酷使した眼を十分に休ませたり、ストレスを解消してあげると、すぐに治まるといわれています。

 

 

しかし、まぶたのピクピクに加え、まばたきの回数が増えたり、まぶしさを感じたりすることもあるならば、それは「眼瞼ミオキミア」と異なり、「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」という病気にあたるそうです。

 

 

眼瞼ミオキミアや眼瞼痙攣は、視床や大脳基底核、脳幹といった部分の神経伝達異常が原因とされており、40代以上の女性に多く起こるとはいえ、女性ホルモンが関わる女性の更年期症状とは区別して考えられるとのことです。

 

医師

 

この眼瞼痙攣は、原因がはっきり解明されておらず、眼瞼ミオキミアと区別がつきにくい為なかなか厄介。
放っておくと重症化し、手を使ってまぶたを開けないと目が開けられないという機能的失明に陥ってしまうこともあるようです。

 

だから、まぶたの痙攣は「ちょっと目が疲れているだけだから」と軽く考えて放置していてはいけないのです!

 

まぶたの痙攣の改善方法は眼瞼痙攣用クリーム「eyeact(アイアクト)」がおすすめ

目を酷使したり、ストレスがたまったときにごく稀に痙攣が起きるだけなら問題はありませんが、1日に何度も頻繁にまぶたがピクピクするようであれば、治療を行なわなければなりません

 

女性

 

その治療方法は、ボツリヌス療法(=ボトックス注射:ボツリヌス毒素の局所注射)が一般的に有効とされているのですが、まぶたの周りの注射は非常に痛みが強いため、嫌がる人がほとんど。

 

なので、経皮吸収を利用したクリームによる治療方法がおすすめです!

 

それが、眼瞼痙攣用クリーム「eyeact(アイアクト)」です♪

 

アイアクト

 

この「eyeact(アイアクト)」は、まぶたのピクピクを鎮めるために開発された専用クリーム
痙攣を抑えるのに高い効果を発揮する3つの成分がナノ化され配合されているのです!

 

◎「eyeact(アイアクト)」の有効成分

  1. アルジルリン=「塗るボトックス」といわれるほど経伝達物質「アセチルコリン」の働きを弱める作用
  2. シンエイク=アルジルリンの6倍の効果を持つ成分
  3. プロジェリン=加齢や紫外線などによって蓄積された異常タンパク質を抑制

 

 

「塗るボトックス」と呼ばれるアルジルリン

ボトックスと同じ働きをする成分として開発されたアルジルリン。

 

ボトックスは神経伝達物質のアセチルコリンの働きを弱める作用があるため、気になる部分に注射で注入し筋肉の動きを止めるのですが、ナノ化されたアルジルリンは経皮吸収されるため痛い思いをして注射をする必要がありません。

 

ボトックス

 

アルジルリンの6倍の効果を持つシンエイク

シンエイクは医療技術先進国スイスの大手製薬会社ペンタファーム社が開発した成分で、その効果はアルジルリンの6倍とも言われています。

 

この成分もナノ化されているので、経皮から吸収され痙攣を止める効果を発揮します。

 

 

アンチエイジング成分プロジェリン

プロジェリンは、加齢による老化現象を引き起こすタンパク質を抑制し、肌細胞を活性化させる働きがある 新型ペプチド成分です。

 

ハリのある肌を作るためのコラーゲンやエラスチンの働きを最大限に引き出す効果を発揮するので、肌が若々しく保たれます。

 

 

これらの成分は全てナノ化されているため、経皮吸収が促進され、まぶたの痙攣の原因に直接届くといわれています。
故に、使えば使うほどどんどんピクピクは治まっていくと評判なのです。

 

アイアクト

 

《「eyeact(アイアクト)」の使い方》

  • メイクをする前に、10円大の「アイアクト」を掌にとり、まぶたの周り〜眉間〜おでこに軽く伸ばしながら塗る
  • 痙攣が気になるときに、メイクの上からでも塗布OK!
  • 痙攣の症状が強いときは、頬や首、肩にも塗ると効果的

 

そして、この「eyeact(アイアクト)」は、敏感肌の人も安心して使えるように、添加物や刺激成分は一切配合されていません。

 

デリケートな目元の肌に使えるように開発されているので、安心して使うことができますよ♪

 

 

先にもお伝えしましたが、眼瞼痙攣は何も対処せずに放っておくと、まぶたが下がってきて手を使わないと目が開けられない機能的失明にまで重症化してしまうため、治療が必要です。
万が一肌に合わなかった場合に備えて、30日間の返金保証もついていますので、お気軽に試してみて下さいね!

 

塗るボトックス成分がナノ化配合された「eyeact(アイアクト)」

関連ページ

更年期 原因
更年期という時期に訪れる体調の変化は何が原因で起こるのでしょうか?ホルモンバランスなど考えられる原因についてまとめています。
更年期 太る
更年期に太ってしまう人が多いのはなぜなのでしょうか?その原因と対策についてまとめてみました。
更年期生理
更年期には生理不順や長引く出血など、生理にまつわる悩みも出てきます。その原因と対策についてまとめてみました。
更年期 眠い
更年期は自律神経の乱れから眠いという症状が出る人が多いようです。
更年期 男性
女性ばかりではなく男性にも存在する更年期。まだまだ知られていない男性の更年期に関する症状や原因、対策についてまとめています。
更年期 イライラ
理由もなくイライラする、些細なことでイライラする・・・といった更年期の症状の原因と対策についてまとめています。
プレ更年期
一般的な更年期にはまだ早い30代〜40代前半に起こる若年性更年期障害(=プレ更年期)についてまとめてみました。
更年期外来
最近、産婦人科や総合病院に設置されている「更年期外来」についてまとめています。
更年期 乳酸菌
更年期には不定愁訴といわれる症状が数多く出てきますが、それらの症状改善に植物性乳酸菌が効果を発揮するといわれているのです。
更年期 骨粗しょう症
女性ホルモンが減少する更年期の女性には、骨粗しょう症が心配されていますが、それらの原因と対策についてまとめています。
更年期 アロマ
アロマエッセンス(精油)は、脳にダイレクトに届くことから、ホルモンバランスや自律神経の調整に効果があるのです。
更年期 発汗
更年期といわれる時期には、ホットフラッシュに付随して気温に関係なく汗をかく等の多汗・発汗の症状が出ることがあります。
更年期 前兆
更年期に表れる症状には個人差があり、悩まされる人は日常生活に支障をきたすほどといわれています。この更年期には前兆はあるのでしょうか?
更年期 不正出血
更年期にみられる症状の一つである「不正出血」は、生殖器の病気によって引き起こされているものも含まれるため注意が必要なのです!
更年期 コレステロール|更年期の女性にみられる脂質異常症についてまとめています
更年期の女性はエストロゲンの減少に伴い、コレステロール値が高くなる脂質異常症がよくみられますので、正しく対処して動脈硬化を防ぎましょう。
更年期 薄毛|パサつき、艶・コシのなさ、抜け毛など更年期の女性の髪の悩みを考えます。
年齢が進むとパサつきや艶・コシのなさなど髪の悩みが出てきますが、特に更年期の女性には抜け毛や薄毛といった悩みがつきもの。その原因と対策についてまとめています。
更年期 アレルギー|花粉症や咳、鼻水など更年期に悪化するアレルギー症状とは?
いつもの花粉症がひどくなったり、咳や鼻水が出たり・・・更年期に悪化するアレルギー症状について、その原因と対策をご紹介します♪
更年期 動悸|運動したわけでもないのに起こるドキドキや息切れへの対処方法は?
更年期には、特に運動したわけでもないのに心臓がドキドキし息切れを起こしてしまうことがあります。これは何が原因なのでしょうか?そして対処方法はどうしたらいいのでしょうか?
更年期 妊娠|生理が来ないのは「閉経」?それとも「妊娠」?
更年期は卵巣機能の低下とともにエストロゲンの分泌が減少するため、生理が不順になります。しかしだからといって、生理が来ないのを安易に「閉経」とは判断できないのです!
更年期 頻尿
50歳を迎える時期から男女とも頻尿に悩む人が増え始め、女性の場合は尿漏れも併発するため、それが原因で不眠やうつになったりすることがあり注意が必要です。
更年期 基礎体温
基礎体温を測る習慣をつけておくと、生理周期を知ることができ妊活若しくは避妊がしやすくなるほか、更年期の予兆を知ることができるため、予防対策ができ穏やかに更年期を過ごすことができます。
更年期 肩こり
一見関係がないように思える肩こりもエストロゲンの減少による更年期症状の場合がありますので、他の症状に影響を及ぼさないサプリメントで改善していきましょう。
更年期 エストロゲン
更年期といわれる時期に関する情報をあれこれ集めてみました。
更年期 疲れやすい
更年期の女性は、それほど疲れることをした覚えもないのに疲労感を感じたり、倦怠感を引きづったりすることが良くあります。その原因は何なのでしょうか?そしてどのように対処したらいいのでしょうか?
更年期 甲状腺
更年期症状とよく似た症状を示す甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症及び甲状腺機能低下症)は、同じように更年期の女性に多く見られるため、その違いを見分け適切に対処することが必要です。
更年期 胃痛
ホットフラッシュやイライラ、頭痛、吐き気・・・とさまざまな不定愁訴が起きてしまう更年期には、症状の一つに胃痛もあります。これはどのような原因で起こり、どのような対処をすればよいのでしょうか?
更年期 膀胱炎
更年期の女性に起こりやすい病気の一つに膀胱炎がありますが、それは一体なぜなのでしょうか?膀胱炎の種類をじはじめ、その原因と対策についてまとめてみたいと思います!
更年期 体臭
加齢臭は男性のものと思われがちですが、更年期あたりの女性も明らかに若いときと違った臭いが発生します。そのニオイの主原因は「汗」ですので、マスはこの汗を抑える対策をとりましょう!