更年期 コレステロール|更年期の女性にみられる脂質異常症についてまとめています

更年期に差し掛かった女性は、何かと体調不良を起こしやすいもの。
でも、それを「更年期のせいだから」と安易に考えていては、重篤な病気を見逃してしまうこともありますよね。

 

年齢的に何か病気が見つかっても不思議ではない時期で、何気なく行ってみた人間ドックや健康診断で癌が見つかった・・・という話も珍しくはありません(^^;)

 

なので、念には念を入れて確かめるためにも、定期的に健康診断を受けられることをおすすめしたいと思います。

 

kenkoushindan

 

しかしそのとき、女性の中には、病気は特に見つからなかったけれど、「コレステロール値が高い」と指摘されることがあるのではないでしょうか。
「食生活には気を遣っているのに」「野菜中心でお肉はあまり食べていないのに」と不思議に思われる方も多くいらっしゃるかもしれません。

 

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

更年期にみられる脂質異常症

普段からお肉や脂っこいものをあまり食べていないにもかかわらず「コレステロール値が高い」という血液検査の結果が出る・・・これは「脂質異常症」と呼ばれるものです。

 

◎コレステロールの種類と作用の違い
実は、コレステロールには一般的に悪玉コレステロールといわれる「LDLコレステロール」と、善玉コレステロールといわれる「HDLコレステロール」に分類され、身体に及ぼす作用に違いがあるのです。

 

●LDLコレステロール(悪玉)
肝臓で作られたコレステロールを身体全体に運ぶ役割を担っています。
このLDLコレステロールが増えすぎると、活性酸素の影響で酸化し、血管壁に蓄積されたり、血管内に蓄積されたりするため、血栓になり動脈硬化・心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などの動脈硬化性疾患を引き起こします。

 

●HDLコレステロール(善玉)
体内で使われなかった余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割をしています。
血管内に残ってしまったコレステロールを回収して肝臓に戻すことで、血液中のコレステロールが増えることを防ぎ、動脈硬化を予防する働きがあることから「善玉コレステロール」とも呼ばれます。

 

 

このように2つのコレステロールは真逆の働きをすることでバランスを取っています。
つまり、「悪玉」といっても、本来コレステロールは身体に必要なもので、存在自体が悪いわけではありません。

 

増えすぎることがいけないのであって、その場合に「悪玉」となってしまうのだと覚えておきましょう(#^.^#)

 

実は更年期の女性に多く見られ、場合によっては男性よりもコレステロール値が高くなり、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患が急激に進むということも起こり得るのです(>_<)

 

これは更年期の女性にエストロゲンの分泌が少なくなってきているため。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、血中のコレステロールや中性脂肪の上昇を抑え、動脈硬化を予防する効果があるありがたい存在です。

 

◎エストロゲンの作用
「美のホルモン」の異名を持つエストロゲンは、女性らしさをもたらすだけではなく、体内で骨、皮膚・粘膜、脳、肝臓、血管など全身において大切な働きをしています。
特に血管内では、次のような重要な働きをしているのです。

 

  • 血管壁を柔軟に保つ
  • LDLコレステロールの分解と排泄を促す
  • HDL(善玉)コレステロールの合成を促す

 

 

しかし閉経を迎えた女性は、卵巣機能の低下からエストロゲンの分泌が著しく減少するため、コレステロールや中性脂肪が抑えられず、このような症状が一気に出始めてしまいます(>_<)

 

この状態は、「脂質異常症(または高脂血症)」といわれ、放置すると動脈硬化が進んで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうのです。

 

 

故に、健康診断の結果などから、体重があまり変わっていないのにLDLコレステロール値が基準値(140未満)を超える数値が出たりした場合は、注意し、数値を正常な範囲内に戻す対策をとるようにしましょう。

 

更年期の女性の脂質異常症対策

一般的な脂質異常症(高脂血症)ならば、「食生活の改善」が一番に来るのですが、女性の更年期ゆえの症状の場合、食生活が原因でない場合がほとんどですので(もちろん、思い当たる食生活をされている場合は改善が必要ですが)、サプリメントによる対策が望ましいと考えられます。

 

※病院で処方してもらう薬という方法もあるのですが、薬だと体に強すぎ副作用の心配もあるため、個人的にはサプリメントのほうがおすすめだと思います。

 

kounenkijosei

 

では、どういったサプリメントがいいのでしょうか?

 

 

おすすめは、血液サラサラ成分DHA・EPAを豊富に含む「きなり」です♪

 

まず考えたのは、「エストロゲンが不足して起こっているならエストロゲンを補給する方がいいの?」ということでしたが、どうせ必要成分をサプリで補うなら、もっと直接的に効く成分の方がいい!
・・・ということで、良質なオメガ3脂肪酸であるDHA・EPAサプリなのです(*^-^*)

 

きなり

 

昔に比べて青魚を食べなくなった日本人には、青魚から摂れる良質なDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)が不足しているといわれており、大人だけではなく子供にもそれは深刻な事態となっています。

 

 

この「きなり」は、厚労省が1日DHA・EPAの摂取量として推奨している1,000rの半分量がわずか4粒で摂取でき、しかも定期購入ならば初回1,980円(67%OFF)、2回目以降3,790円(33%OG)と他のサプリに比べて圧倒的にコスパがよいサプリです。

 

きなり

 

できれば家族中で摂りたいサプリだけに、1カ月当たり1万円する他社製品もある中で継続しやすいお値段なのはとても大きな魅力ですよね(#^.^#)

 

 

>>>最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

関連ページ

更年期 原因
更年期という時期に訪れる体調の変化は何が原因で起こるのでしょうか?ホルモンバランスなど考えられる原因についてまとめています。
更年期 太る
更年期に太ってしまう人が多いのはなぜなのでしょうか?その原因と対策についてまとめてみました。
更年期生理
更年期には生理不順や長引く出血など、生理にまつわる悩みも出てきます。その原因と対策についてまとめてみました。
更年期 眠い
更年期は自律神経の乱れから眠いという症状が出る人が多いようです。
更年期 男性
女性ばかりではなく男性にも存在する更年期。まだまだ知られていない男性の更年期に関する症状や原因、対策についてまとめています。
更年期 イライラ
理由もなくイライラする、些細なことでイライラする・・・といった更年期の症状の原因と対策についてまとめています。
プレ更年期
一般的な更年期にはまだ早い30代〜40代前半に起こる若年性更年期障害(=プレ更年期)についてまとめてみました。
更年期外来
最近、産婦人科や総合病院に設置されている「更年期外来」についてまとめています。
更年期 乳酸菌
更年期には不定愁訴といわれる症状が数多く出てきますが、それらの症状改善に植物性乳酸菌が効果を発揮するといわれているのです。
更年期 骨粗しょう症
女性ホルモンが減少する更年期の女性には、骨粗しょう症が心配されていますが、それらの原因と対策についてまとめています。
更年期 アロマ
アロマエッセンス(精油)は、脳にダイレクトに届くことから、ホルモンバランスや自律神経の調整に効果があるのです。
更年期 発汗
更年期といわれる時期には、ホットフラッシュに付随して気温に関係なく汗をかく等の多汗・発汗の症状が出ることがあります。
更年期 前兆
更年期に表れる症状には個人差があり、悩まされる人は日常生活に支障をきたすほどといわれています。この更年期には前兆はあるのでしょうか?
更年期 不正出血
更年期にみられる症状の一つである「不正出血」は、生殖器の病気によって引き起こされているものも含まれるため注意が必要なのです!
更年期 薄毛|パサつき、艶・コシのなさ、抜け毛など更年期の女性の髪の悩みを考えます。
年齢が進むとパサつきや艶・コシのなさなど髪の悩みが出てきますが、特に更年期の女性には抜け毛や薄毛といった悩みがつきもの。その原因と対策についてまとめています。
更年期 アレルギー|花粉症や咳、鼻水など更年期に悪化するアレルギー症状とは?
いつもの花粉症がひどくなったり、咳や鼻水が出たり・・・更年期に悪化するアレルギー症状について、その原因と対策をご紹介します♪
更年期 動悸|運動したわけでもないのに起こるドキドキや息切れへの対処方法は?
更年期には、特に運動したわけでもないのに心臓がドキドキし息切れを起こしてしまうことがあります。これは何が原因なのでしょうか?そして対処方法はどうしたらいいのでしょうか?
更年期 妊娠|生理が来ないのは「閉経」?それとも「妊娠」?
更年期は卵巣機能の低下とともにエストロゲンの分泌が減少するため、生理が不順になります。しかしだからといって、生理が来ないのを安易に「閉経」とは判断できないのです!
更年期 頻尿
50歳を迎える時期から男女とも頻尿に悩む人が増え始め、女性の場合は尿漏れも併発するため、それが原因で不眠やうつになったりすることがあり注意が必要です。
更年期 基礎体温
基礎体温を測る習慣をつけておくと、生理周期を知ることができ妊活若しくは避妊がしやすくなるほか、更年期の予兆を知ることができるため、予防対策ができ穏やかに更年期を過ごすことができます。
更年期 肩こり
一見関係がないように思える肩こりもエストロゲンの減少による更年期症状の場合がありますので、他の症状に影響を及ぼさないサプリメントで改善していきましょう。
更年期 エストロゲン
更年期といわれる時期に関する情報をあれこれ集めてみました。
更年期 疲れやすい
更年期の女性は、それほど疲れることをした覚えもないのに疲労感を感じたり、倦怠感を引きづったりすることが良くあります。その原因は何なのでしょうか?そしてどのように対処したらいいのでしょうか?
更年期 甲状腺
更年期症状とよく似た症状を示す甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症及び甲状腺機能低下症)は、同じように更年期の女性に多く見られるため、その違いを見分け適切に対処することが必要です。
更年期 胃痛
ホットフラッシュやイライラ、頭痛、吐き気・・・とさまざまな不定愁訴が起きてしまう更年期には、症状の一つに胃痛もあります。これはどのような原因で起こり、どのような対処をすればよいのでしょうか?
更年期 膀胱炎
更年期の女性に起こりやすい病気の一つに膀胱炎がありますが、それは一体なぜなのでしょうか?膀胱炎の種類をじはじめ、その原因と対策についてまとめてみたいと思います!
更年期 体臭
加齢臭は男性のものと思われがちですが、更年期あたりの女性も明らかに若いときと違った臭いが発生します。そのニオイの主原因は「汗」ですので、マスはこの汗を抑える対策をとりましょう!