更年期 胃痛|更年期の女性を悩ませる胃痛の正体とは?

更年期の女性には、ホルモンバランスの乱れからホットフラッシュや精神的イライラ、頭痛、吐き気、倦怠感・・・等々さまざまな不定愁訴が起ってしまいますが、胃痛もこうした更年期の症状の一つです。

 

普段から特に胃腸が弱いというわけではないのに、更年期に胃痛を訴える人がいる・・・これは、どういう原因で起こってしまうのでしょうか?

 

女性

 

更年期に起こる胃痛の原因は?

まずは、胃の疾患以外で起こる更年期の胃痛についてですが、その原因には次のようなものがあると考えられています。

 

ストレス性の胃痛

更年期は、閉経を挟む前後10年と考えられていますので、日本人女性の閉経が平均50歳であることから、更年期の年齢はだいたい45〜55歳です。

 

この年代の女性は、子供の受験や独立、親の介護・・・と何かと忙しい時期ですよね(>_<)
また、仕事をしている方は、いよいよ責任ある業務を任されたり、後進の指導など多忙を極めているかも知れません。

 

つまり、更年期の女性は、生活の中で非常にストレスがたまりやすい時期と考えられるのです。

 

このストレスによって引き起こされる神経性の胃炎・・・それがまず、一つの原因ですね。

 

胃

自律神経の乱れから起こる胃痛

また、更年期には卵巣機能が低下するため、エストロゲンの分泌量が減り、ホルモンバランスに乱れが生じます。

 

このホルモンバランスの乱れは、即、自律神経の乱れを引き起こしますので、これによって胃腸機能に障害が起こり、胃痛が発生してしまいます。

 

 

胃腸疾患による胃痛

しかし、更年期を迎える年代は、上記2つの原因以外にも胃痛を引き起こす原因があります。
それが次のような胃腸疾患です。

 

●急性胃炎
暴飲暴食、ストレスによる刺激、感染症、アレルギーなどの原因で胃痛が起こることがあります。
慢性化する前の胃痛を特に急性胃炎というのですが、安静にして、薬を服用するなどで1〜2日で症状が治まります。

 

●慢性胃炎
急性胃炎が長引いたり繰り返されたりすることによって、常に胃に不快感があったり、食後に胃もたれや腹痛などが長いこと続くことを慢性胃炎と呼びます。
特にピロリ菌による感染が進むと、胃癌に発展することもありますので、しっかりとした治療が必要ですね。

 

●胃アトニー
胃アトニーとは、痩せている女性に多い、いわゆる「胃下垂」が原因で起こる胃痛であり、胃の筋肉がたるむことで胃の働きが悪くなり、胃痛が引き起こされてしまいます。
これは、腹部の手術の後遺症や甲状腺機能亢進症、脳下垂体異常でも起こりやすいといわれていますので注意が必要です。

 

 

このように、胃痛にもいろいろあり、七転八倒するような痛みの場合は、単なる更年期症状ではなく胃腸疾患と考えられますので、速やかに病院を受診して下さいね。

 

更年期症状からくる胃痛はサプリメントでも対処可能!

更年期の女性が感じる胃痛は、大抵の場合、「病院に行くほどではないのだけれど・・・」という感じだといわれています。

 

こうした場合は、わざわざ病院を受診するのが面倒だったりしますし、処方された薬を飲むと今度は副作用に悩むことも多々ありますので、軽いストレス性の胃痛ならば、サプリメントで対処するのがおすすめです。

 

このような場合は、ストレスに体が負けてしまわないよう、休息と心のためのサプリメントを活用されてみてはいかがでしょうか(#^.^#)

 

そもそもストレスがたまった状態は、「幸せホルモン」の異名を持つ「セロトニン」が不足している状態といわれています。
故に、セロトニンを補うリラックスサプリがイイですね。

 

 

それには、メンタル系サプリメントのリラクミンシリーズの一つ「リラクミンSe」がおすすめです♪

 

リラクミン

 

この「リラクミンSe」は、日本人の体質に合わせて作られた国産商品です。

 

  1. 気分を穏やかにする成分「ラフマ葉エキス」配合
  2. ラフマ葉エキスと相性抜群なリラクス成分「ギャバ」配合
  3. 休息の質を高める「クワンソウ」配合
  4. 朝・夕のリズムを整える5種のビタミンB配合

女性

 

海外製のサプリだと日本人の胃腸には合わず、消化・吸収が困難な場合も多々ありますが、日本人向けに作られたサプリならば、そんな心配はありません。

 

また、薬と違って副作用の心配なく飲めますので、「ストレスが溜まっているな」と感じたら、無理をせず飲んでみて下さいね(#^.^#)

 

 

関連ページ

更年期 原因
更年期という時期に訪れる体調の変化は何が原因で起こるのでしょうか?ホルモンバランスなど考えられる原因についてまとめています。
更年期 太る
更年期に太ってしまう人が多いのはなぜなのでしょうか?その原因と対策についてまとめてみました。
更年期生理
更年期には生理不順や長引く出血など、生理にまつわる悩みも出てきます。その原因と対策についてまとめてみました。
更年期 眠い
更年期は自律神経の乱れから眠いという症状が出る人が多いようです。
更年期 男性
女性ばかりではなく男性にも存在する更年期。まだまだ知られていない男性の更年期に関する症状や原因、対策についてまとめています。
更年期 イライラ
理由もなくイライラする、些細なことでイライラする・・・といった更年期の症状の原因と対策についてまとめています。
プレ更年期
一般的な更年期にはまだ早い30代〜40代前半に起こる若年性更年期障害(=プレ更年期)についてまとめてみました。
更年期外来
最近、産婦人科や総合病院に設置されている「更年期外来」についてまとめています。
更年期 乳酸菌
更年期には不定愁訴といわれる症状が数多く出てきますが、それらの症状改善に植物性乳酸菌が効果を発揮するといわれているのです。
更年期 骨粗しょう症
女性ホルモンが減少する更年期の女性には、骨粗しょう症が心配されていますが、それらの原因と対策についてまとめています。
更年期 アロマ
アロマエッセンス(精油)は、脳にダイレクトに届くことから、ホルモンバランスや自律神経の調整に効果があるのです。
更年期 発汗
更年期といわれる時期には、ホットフラッシュに付随して気温に関係なく汗をかく等の多汗・発汗の症状が出ることがあります。
更年期 前兆
更年期に表れる症状には個人差があり、悩まされる人は日常生活に支障をきたすほどといわれています。この更年期には前兆はあるのでしょうか?
更年期 不正出血
更年期にみられる症状の一つである「不正出血」は、生殖器の病気によって引き起こされているものも含まれるため注意が必要なのです!
更年期 コレステロール|更年期の女性にみられる脂質異常症についてまとめています
更年期の女性はエストロゲンの減少に伴い、コレステロール値が高くなる脂質異常症がよくみられますので、正しく対処して動脈硬化を防ぎましょう。
更年期 薄毛|パサつき、艶・コシのなさ、抜け毛など更年期の女性の髪の悩みを考えます。
年齢が進むとパサつきや艶・コシのなさなど髪の悩みが出てきますが、特に更年期の女性には抜け毛や薄毛といった悩みがつきもの。その原因と対策についてまとめています。
更年期 アレルギー|花粉症や咳、鼻水など更年期に悪化するアレルギー症状とは?
いつもの花粉症がひどくなったり、咳や鼻水が出たり・・・更年期に悪化するアレルギー症状について、その原因と対策をご紹介します♪
更年期 動悸|運動したわけでもないのに起こるドキドキや息切れへの対処方法は?
更年期には、特に運動したわけでもないのに心臓がドキドキし息切れを起こしてしまうことがあります。これは何が原因なのでしょうか?そして対処方法はどうしたらいいのでしょうか?
更年期 妊娠|生理が来ないのは「閉経」?それとも「妊娠」?
更年期は卵巣機能の低下とともにエストロゲンの分泌が減少するため、生理が不順になります。しかしだからといって、生理が来ないのを安易に「閉経」とは判断できないのです!
更年期 頻尿
50歳を迎える時期から男女とも頻尿に悩む人が増え始め、女性の場合は尿漏れも併発するため、それが原因で不眠やうつになったりすることがあり注意が必要です。
更年期 基礎体温
基礎体温を測る習慣をつけておくと、生理周期を知ることができ妊活若しくは避妊がしやすくなるほか、更年期の予兆を知ることができるため、予防対策ができ穏やかに更年期を過ごすことができます。
更年期 肩こり
一見関係がないように思える肩こりもエストロゲンの減少による更年期症状の場合がありますので、他の症状に影響を及ぼさないサプリメントで改善していきましょう。
更年期 エストロゲン
更年期といわれる時期に関する情報をあれこれ集めてみました。
更年期 疲れやすい
更年期の女性は、それほど疲れることをした覚えもないのに疲労感を感じたり、倦怠感を引きづったりすることが良くあります。その原因は何なのでしょうか?そしてどのように対処したらいいのでしょうか?
更年期 甲状腺
更年期症状とよく似た症状を示す甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症及び甲状腺機能低下症)は、同じように更年期の女性に多く見られるため、その違いを見分け適切に対処することが必要です。
更年期 膀胱炎
更年期の女性に起こりやすい病気の一つに膀胱炎がありますが、それは一体なぜなのでしょうか?膀胱炎の種類をじはじめ、その原因と対策についてまとめてみたいと思います!
更年期 体臭
加齢臭は男性のものと思われがちですが、更年期あたりの女性も明らかに若いときと違った臭いが発生します。そのニオイの主原因は「汗」ですので、マスはこの汗を抑える対策をとりましょう!