更年期について記事一覧

 

一般的に更年期と呼ばれる時期は、女性でいえば閉経を挟む前後10年間を指します。現在、閉経が起こる平均年齢は50歳といわれていますので、更年期は45〜55歳となりますね。この時期になると、ほとんどの人が少しずつ体調に変化を感じます。ただし、それには個人差があるので、何も気づかない人から日常生活に支障をきたす程度の人まで人それぞれ。どういった症状が現れるのかについては、更年期の症状に詳しくご紹介してい...

 
 

前はちょっと太ってもすぐ痩せていたのに。年々痩せにくくなってきたなぁ・・・そんな風に感じることはありませんか?こういったことは30代半ばあたりから感じ始めるのですが、これが40代の半ばになると、さらに進んで、むしろ何も思い当たることがないのに太ってきたりします(゚д゚)!食事だっていつも通り、暴飲暴食をしているわけではないし、運動だって適度にやっている・・・なのに太るってどういうこと!?・・・ちょ...

 
 

更年期には、生理の遅れやこない・・・といった生理不順、止まらないのでは?と思うほどの長引く出血などなど、生理にまつわる悩みも出てきます。こういったことはどうして起こるのでしょうか?更年期の生理周期第二次成長期で始まった整理もとうとう更年期で終盤を迎えます。そのため、更年期は生理周期が短くなったり長くなったりと、何かと乱れがち(>_そもそもは個人差のある部分ですが、こと更年期に際しては、共通する傾向...

 
 

更年期にはいろいろな症状が出るものですが、その中に「やたらと眠い」というのがあります。単なる睡眠不足?と思いきいや、寝ても寝ても眠い・・・昼間ぼーっとしてしまって、とにかく眠い・・・という状態になるんです。そういえば、女性は生理のときも眠くなりますよね?こういったことはどうして起こるのでしょうか?更年期に眠い原因更年期の時期にやたらと眠くなってしまうのは、ホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れ...

 
 

更年期といえば女性・・・と私たちは思っていますよね。女性には「閉経」というわかりやすい目安があるために、それに伴う体調の変化が容易に想像されるということだと思うんです。しかし、実は、更年期は男性にも存在するもの。女性と同じように、45〜55歳くらいの男性は、更年期の認識がなくても更年期の症状に悩まされるものなのです(>_それは何が原因で起こるのか?またどのような症状が現れるのか?対策はどうしたらい...

 
 

更年期の症状の一つとして、「理由もなくイライラする」「些細なことでイライラする」といった感情の乱れが多くみられます。自分でも「イライラするほどのことじゃない」とわかっているのにとめられない・・・そして、そんな自分にまたイライラするんですよね(>_これはこれで結構つらいもの。なぜこういったことが起こるのでしょうか?40代に多い更年期のイライラ・・・その原因は?更年期の症状の一つである「イライラ」は、...

 
 

通常、更年期といえば、閉経をはさんだ前後の10年間を指し、平均的な閉経が50歳といわれていることから、更年期は45〜55歳くらいと考えられています。しかし、最近では30代半ば〜40代前半の人にも女性ホルモンの乱れから更年期のような症状を訴える人が多いそうです(゚д゚)!例えば、次のような症状に悩む人が増えてきているということなのです。夜寝つきが悪く、眠りが浅い疲れやすく体がだるい些細なことでイライ...

 
 

女性で言えば、閉経(日本人の平均は50歳)の前後10年間は「更年期」と呼ばれる時期であり、卵巣機能の低下から女性ホルモンの分泌量が激減することで、様々な体調不良が起こってきます。更年期症状と呼ばれるものであり、この症状が強く、生活に支障をきたしてしまう・・・というレベルのものは「更年期障害」と呼ばれていますね。そんな症状が出てしまったら、やはり無理をせずに病院を受診した方がいいと思います。しかし、...

 
 

一般的に更年期といわれる45〜55歳くらいの10年間は、特に女性には、ホットフラッシュやイライラ、頭痛、めまい、関節痛、うつ・・・とさまざまな不定愁訴(原因がよくわからない体調不良)が起こってきます。実際、卵巣機能の低下によって女性ホルモンが減少するため、閉経を迎え、それによって自律神経が乱れることでこうした様々な症状が起きてくるのですが・・・人によっては、単なる体調不良にとどまらず、「更年期障害...

 
 

更年期に起こってくる不定愁訴といわれる体調不良は、頭痛やめまい、吐き気といった体の不調から、イライラや鬱といった精神的不調までさまざまなものがあります。これらは、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れから発するといわれていますが、実はこの女性ホルモンは、関節を支えている軟骨や筋肉に衰えにも関係しており、血行がも悪くなることも手伝って、肩こりや腰痛、関節痛なども引き起こしてしまうのです。さらに、事態...

 
 

お部屋にディフューザーで好きな香りを炊いたり、入浴時の湯船に数滴たらしたり、エッセンシャルオイル( 精油)は、その香りで私たちにリラックス効果をもたらしてくれます。しかし、エッセンシャルオイルは単純に香りを楽しむためだけのものではありません。実は、更年期の辛い症状を和らげることにも効果があるようなのです(゚д゚)!こうした効果を美容と健康に活用しようというのが、アロマテラピーという考え方ですが、具...

 
 

更年期といわれる45〜55歳の時期には、気温と関係なく汗をかいたり、以前はそれほどでもなかったのに、脇の下から大量の汗が出るなど多汗の症状が表れることがあります。ほとんどの場合、それは顔や上半身だけが妙に熱くなる「ほてり」や「のぼせ」などのホットフラッシュに付随して起こりますが、みんなが汗をかいていない時に一人だけ汗をかいたりするため恥ずかしい思いをしたり、ニオイが気になったり・・・と気が気ではあ...

 
 

日本人女性の平均閉経年齢が現在は50.5歳であることから、その前後10年、つまり45〜55歳くらいを更年期と呼んでいます。この更年期のあたりには、卵巣機能の低下による女性ホルモンの減少が様々な面に影響を及ぼし、身体的又は精神的不調があらわれます。具体的には、ほてり・のぼせ、頭痛、めまい、吐き気などの身体的不調から、イライラ、無気力、うつといった情緒不安定まで実に多岐にわたる症状なわけですが、これら...

 
 

卵巣機能の低下によって女性ホルモンが減少する更年期には、めまいや頭痛、動悸、ほてり、吐き気、関節痛など様々な不定愁訴がみられますが、通常の生理以外で起こる不正出血も厄介なものの一つです。なぜ厄介なのかというと、いつ起こるかわからない出血なだけに不安が付きまとうからであり、ダラダラ続く出血に不快感を感じるから。さらに、そこには病気の原因も潜んでいるからなんです(>_更年期の不正出血 少量の場合=特に...

 
 

更年期に差し掛かった女性は、何かと体調不良を起こしやすいもの。でも、それを「更年期のせいだから」と安易に考えていては、重篤な病気を見逃してしまうこともありますよね。年齢的に何か病気が見つかっても不思議ではない時期で、何気なく行ってみた人間ドックや健康診断で癌が見つかった・・・という話も珍しくはありません(^^;)なので、念には念を入れて確かめるためにも、定期的に健康診断を受けられることをおすすめし...

 
 

見た目の若さは、肌の状態によって最も大きく左右されますが、それと負けず劣らず影響を与えるのが髪です。いくら顔の肌にシミやしわが全くなかったとしても、髪がパサパサと艶がなかったり、細っていたりしたら、いくら染めていたとしても一気に老けた印象を与えてしまいますよね(>_まして、抜け毛の目立つ薄毛状態だったとしたら・・・見た目年齢はさらに10歳上がってしまうかも知れません。「髪は女の命」ともいわれますが...

 
 

ホットフラッシュや頭痛、めまい、吐き気、下腹部痛、関節痛、うつ、イライラ・・・閉経前後の更年期といわれる時期には女性はさまざまな不定愁訴に悩まされますが、人によっては、花粉症や咳、鼻水といったアレルギー症状がひどくなる場合があります。もともとアレルギーを持っている人は、症状が身に覚えがあるものなので、その症状がひどくなった場合、「今の時期に何で?」と悩むようですが、こうしたアレルギー症状の悪化も実...

 
 

ちょっと階段を上っただけで心臓がドキドキして息切れがする・・・寝ているのに突然心臓がドキドキし呼吸がしづらくなる・・・これ、特に更年期あたりの女性によく見られる症状です(>_心臓病!?と心配になったりするのですが、これも更年期の症状なのでしょうか?更年期の急な動悸 原因は自律神経の乱れ普段、運動をしたときに心臓がドキドキしい気が荒くなるのは普通のことであり納得なのですが、大した運動したわけでもない...

 
 

更年期でも妊娠することがあるの?私たち女性の妊娠の確率は、年齢とともに=卵巣機能の低下とともに下がってきます。卵巣機能が低下し卵胞の数が激減するので、卵胞の中にある妊娠可能な卵子も減ってくるわけですね。また、卵胞そのものが老化してきますので、更年期は妊娠しづらい身体になっていくともいわれています。そもそも35歳を過ぎたあたりから卵巣の機能は低下し始めるので、40代になるとこれまで規則正しかった人も...

 
 

50歳を過ぎるあたりから、男女ともおトイレ(尿)に関する悩みを抱える人が増えてきます。トイレに行っても好きりせず、またすぐに行きたくなる夜中に何度もトイレに起きてしまい熟睡できない外出先でしょっちゅうトイレのことが気になり楽しめない急に我慢できないほどの尿意に襲われることがある咳やくしゃみをしたはずみで尿が漏れるこうしたお悩みは意外に多くの人が抱えており、なかなか他人に相談できずに一人で悩んでいる...

 
 

基礎体温をつけておくとこんなことに役立つ女性の体調管理に重要な手がかりをくれるのが基礎体温。妊活中の人や、逆に避妊したい人が排卵日を知るためにチェックするのが一般的ですが、本当は全ての女性が体調管理の一環として毎朝測り記録しておくのがおすすめなのです(#^.^#)◎基礎体温をチェックするとこんなことがわかる!生理周期と排卵日がわかり妊娠若しくは避妊がしやすくなる体調の(肌の状態の)良い時期と悪い時...

 
 

肩こりを抱える女性はとても多いと思いますが、更年期になると、その肩こりがいつも以上にひどくなる場合があります。ホルモンバランスが乱れる更年期の時期に、「肩こりがひどくなったな」と感じたら、それは更年期症状の一つかもしれません(>_更年期に肩こりがひどくなるのはなぜ?更年期による肩こりの悪化・・・その原因は、卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少です。エストロゲンが減少すると、筋肉や局所の血液循環に...

 
 

私たち女性の身体は、40歳を過ぎるころから卵巣機能が低下するため、ここでつくられる女性ホルモン「エストロゲン」及び「プロゲステロン」が減少することとなります。このことが原因で引き起こされるさまざまな症状を「更年期の症状」といい、その中でも特に日常生活に差し支える重症のものが「更年期障害」と呼ばれますね。ということは、更年期以降は、これまでエストロゲンの働きによって維持されていたものが維持されなくな...

 
 

更年期はなぜこんなに疲れやすいの?多くの女性が更年期になると、様々な不定愁訴が出てきますが、その一つに疲労感・倦怠感があります。特に疲れることをした覚えがないのに疲れが残っているちょっと動いただけなのに体が疲れやすく続かない常に倦怠感が伴い何かをするのがつらいよく寝たはずなのに起きた瞬間から疲労感を感じるそうなんです、だんだん体力に自信がなくなり、ちょっとしたことさえ無理が効かなくなる・・・軽いう...